上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
23時現在更新

こんばんは 榊です

さて、バトン小説の続きです








※このバトン小説は、参加者を随時募集しています
  と、言うか、こちらから参加願いを出しちゃうかも知れませんが
  「参加するぜ」

  の一言で、私がハッピーになるのです 早速使ってください※





~追記前に、もう一人の書いた作品を書き、追記で今回の物語を書きます~

※前話未読の方は、先にそちらから観る事をお勧めします

第1話
第2話
第3話









戦士たちの鎮魂歌 第2話 (影武者@わふーさん)







そして次の瞬間―!


影「・・・はっ! ・・・・夢か」


辺り一体は木々に覆われている

この密林で野宿したらしい。 あの戦場からいったいどれ程歩いたのだろう


影「・・・嫌な・・・夢だった」


不屈の投資でお馴染みの彼も、まさか頭上からバトミントンの羽が降って来るとは思わず

あたりそうになった少女を助けて死んでしまったのだ


おっと。一部変換ミスがあるが、気にしないでくれ




影「それにしても・・・奴は一体誰なんだ?」


奴は軍曹と呼ばれていた。名は・・・わからない


奴には何か禍々しいモノがあった

邪気。その言葉だけで済ませてよいのだろうか


・・・いや、違う・・・もっと、・・・こう・・・なんだ?・・・

そう。肥溜めみたいな臭さも兼ね備えていた


やはり夢の中を思い出すのは難しい



私は立ち上がり、もう一度歩き始めた

足取りは覚束無かったが、直に足も慣れるだろう



と、その時


?「・・・あの・・・」


後ろから声が聞こえた


こんな密林に人がいるなんて・・・


そう思いつつも私は笑顔で後ろを振り返った


影「どうしました?」


声の主は、まだ幼い少女だった

少女は白いワンピースを着ていた。何か悪いことを思い出したような気がする

が、気のせいだろう



少女「・・・あの・・・ですね・・・こんな事を言っても良いのかわかりませんけど・・・」

影「・・・えぇ。どうぞ」


少女「~~~~」


影「・・・え? 今・・・なんて?」



少女は確かに音を発した。だが、上手く聞き取れなかった

いや、私の耳が受け付けなかったのかもしれない


少女はもう一度、聞き取り易いように丁寧に、こう言った―






~追記に続く~
スポンサーサイト
2008.08.11 Mon l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
1時現在更新

こんばんわ。榊です


この度は影武者さんとバトン小説たるものをやる事になりましたので、早速やってみようと思います

追記から、私が書く文章で、追記前は影武者さんのモノですのであしからず



















時は戦国時代。 人々は血で血を洗う毎日を送っていた

いつもの様に戦が行われ、いつもの様に人が死んでゆく

民達は、そんな繰り返される日常に嫌気がさしていた


たが、その日常は一人の貴公子の登場によって、形を変える事になる





「花が・・・」


誰かに踏まれ、潰されている花を見て、男は悲しんでいた


男「こんな酷い事を・・・」


男はその場で涙を流した



農民「おーい!おめぇさん。そんな所でなにやってんだぁ?」

男「あ、いえ。特に」

農民「おめぇ。旅のもんか?」

男「えぇ。そうですけど」


農民は顔に怒りを見せながら、話を始めた


農民「ここいらはよく戦が起こっているから、あまり近寄らんほうが身の為だよ」

男「戦・・・ですか・・・」

農民「そうだ。 毎日のように戦が起こってな。オラの息子も・・・」


農民は少し俯いた


男「そうですか・・・」


農民「・・・オラ達には何もできねぇ。 ただ戦が終わるのを待つだけだ」


男「そんな事はありませんよ」


男ははっきりと言い放った


農民「・・・え?」


男「見ていて下さい。私が、この戦乱を止めてみせますから」

農民「む、無理だ!あんた一人じゃ無理だ」

男「こう見えても、腕には少々自信があるのですよ?」


男はにこやかに言いながら、右腕に力を入れて見せ付けた

だが、大した力瘤は出なかった



農民「悪い事は言わねぇ、止めとけ。 死んじまうぞ?」


農民は心から心配しているような顔をしている



男「・・・どうせ一度・・・無くなった命ですから・・・」


農民「・・・え? 何か言ったか?」


男「いえ、何でもありませんよ」

男「・・・話過ぎましたね。 それでは、私はこの辺で」


男は言い終わると、踵を返した

農民「ま、待ってくれ!」

男「・・・?  まだ何か?」


農民「おめぇ。名前はなんつうんだ?」


男は背を向けたまま、答えた




男「私に名などありません。 ただの、影武者ですから」



影武者はそのまま足を進めた















~追記に続く~
2008.08.11 Mon l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲
瀧です

太っている人なら、一度は必ず考えたことがあるでしょう

そう、ダイエットです。

はっきり言ってダイエットはものすごく難しいです

何が難しいって、続かないんですよ

まぁ、俺の意志が弱いのが原因なんですけどね


今年の春にも試しましたよ。

朝のジョギングです。榊と一緒に。結果2キロの減量に成功しました

しかし、これは春のこと

今はもう、元にもどっているかもしれません。

いや、元の体重以上になっているかもしれません。要するにリバウンドですね

しかし、この夏は違います

俺にはビリーズブートキャンプがあります。去年の夏からあったんですけどね

今年の夏はこれをやって、なんとか痩せたいですねー

たぶん、3日ぐらいで飽きて終わると思うけどね

まぁがんばってチャレンジするので、応援してねー


それと、なにかいいダイエット方法があったら教えてくださいねー
2008.08.02 Sat l 未分類 l COM(6) TB(0) l top ▲
21時現在更新

こんばんは 榊です


世の男共が一度でも練習した事のあるであろう必殺技


その名も「かめはめ派」

幼少の頃なら全員。少年の頃ならほぼ全員。 青年の頃は一部。 成年以降で2,3人

練習したことでしょう


少なくとも私は練習した事はあります

当時は本気で出そうとしてました 気とか溜めてましたし


当時、かめはめ派の練習に熱中していた私を見た親父はこう言いました


「かめはめ派を放ったところで何になるのだ?」と。




確かにかめはめ派を撃てればかっこいいし、すげぇです

でも、それ以外に用途はありません


目の前の道が落石で塞がってしまうなど、昭和、平成の世ではほぼ皆無です

しかも、あの莫大な気を放つので、膨大なエネルギーを消費してしまうのです


それに、バカみたいに撃ちまくってきたら、警察の方々が黙っていないでしょう

戦闘を試みても、序盤はかめはめ派を撃ちまくって優勢にはなるでしょうが

中盤から体力と気がなくなって来て、最後は拳銃でお終いです


極度の厨二病の私でも

かめはめ派の練習だなんてふざけていると。やっとこさ気づくことが出来た訳ですね




なんでしょう まったく意味がわからない記事になってしまいました

まぁ、一度でもかめはめ派の練習をした事がある方はコメント下さいね










P.S.
幼少の私は

「かめはめ派の練習をしても無駄だ」

と考え、修行を断念した訳ですが決して


「かめはめ派は出せないから練習は無意味だ」

と思った訳ではありませんので、 そこのところは間違えてもらっちゃ困ります


『人間その気になれば、何でも出来る』
いい言葉ですね
2008.08.01 Fri l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲

みなさん、こんばんは。瀧です

明日は、久しぶりにカラオケに行きます。

このブログのもう一人の管理人、榊と一緒にです

俺のプロフィールは、最近出来上がったものなのですが

なぜ、早食いなんでしょう?言った覚えもないのに・・・

それに、「アニメにもパソコンにも興味の無い健全な青年」と書いてありますね

そこは大丈夫です。その通りですから

しかし、その後の二文字が問題

「デブ」

なぜこんなことを言うのでしょうか彼は・・・

もう少し人の痛みを考えてもらいたいですよ!まったく!


今回は記事がうかばないので、こんなことを書いてしまいました。

書かないとこいつがうるさいからね

それじゃまた!













2008.07.31 Thu l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。